スタジオ兄弟妻3 - Part 31 スタジオ兄弟妻3

スタジオ兄弟妻3

カツキ洋介、「Wii U」プレイ中!


久々の据え置きゲームハード!任天堂の「Wii U」が遂に発売!
僕も「モンスターハンター3G HDバージョン」とダウンロード版の「ゾンビU」の
ソフトを付けて、買ってまいりましたー!
今のところプレイできてるのは、モンハンのみですが、HDでもランス最高ー!

………さて、皆様御存知の通り、
僕は実績80000オーバー(苦笑)と言う、本格的Xbox360ユーザーです。
本日はそんな僕から見て最新ハードの「Wii U」がどうなのか、
簡単にファーストインプレッションを書いておきたいと思います。


<Wii Uのここが○>
・画面付きコントローラー「Wii Uゲームパッド」は軽い!遅延もない!GOOD!
・視覚的で目新しいリッチなインターフェイス!高解像度っぷりも良い感じです!
・ツイッターみたいに気軽にゲームの感想を投稿できる「Miiverse」がかなり面白い!
・据え置きゲーの新作がすぐダウンロード購入できるのは○!他のゲーム機でもやってほしい!
・ProコントローラーもGOOD!というか、コレ、Xbox360コンとほぼ同じでは…!


<Wii Uのここが△>
・リッチなインターフェイス故にメニュー関連の動作が時々遅いことがある。ゲーム自体は快適です。
・フレンド通知機能等、ネット周りの事は、やはり他機種に遅れをとっている感じ!
・ダウンロード→インストールの時間がとにかく長い(更新も長い)!個人的にはココが一番気になりました。
・プロコンをWiiモードで使えなかったり、USBキーボードが使えなかったり、細かく改善の余地はありそう。


上記のことをまとめると…、
「2画面とネット統合を武器にした最新鋭機ではあるものの、まだまだ成長途中!」
という感じでしょうか。ただ、すでに成熟しきった感のある他機種に比べて、
すさまじく可能性を感じるゲーム機ではあると思います。


あ、ついでにモンハン3GHDについてもまとめますと…、

・まず「Miiverse」がモンハンユーザーで溢れかえってます!こりゃ楽しい!
・狩りの途中にネットに繋いでモンハンWikiが見れます。敵の弱点をよく忘れる僕に便利!
・そして…、フロンティアもP3HDもやったのですが、本作が最高画質です!スゴイ迫力!

…と、もともとよく出来たゲームだったので、更に良くなっていると思います。
データ移行も無線でスイスイだし、オンラインもあるしな!

と言う事で、Wii Uでしたが、まだまだ発展途上なゲーム機ですので、万人にオススメはしないのですけども、
この発展途上な感じも楽しみたいゲーマー諸氏は飛びついてみるのも良いのではないでしょうか。


あ、ちなみに僕のWii UニンテンドーIDは相変わらず
「Katsukin」
となっておりますので、気が向いた方はご登録やフォローを頂ければ幸いでありますワー。

ディストピアの早描き水着絵たち・シーズン2 第03回

第01回第02回はコチラー!

…何故水着絵なのか、それは第01回のエントリで…!
と言う事で、多少の歪みは気にせず短時間で、
バリバリ練習していこうというこの早描き水着絵コーナー!
けっこう遅れてしまいまして第03回です。

さて、まずは下書き!
今回はニュージャンル「デビル水着」です。デービール!



で、忙しかったし、どうせあとでペン入れするときに変わるので、
ここは超マッハでやる感じだったのですけども、
余裕が無い時ほど…尻尾をあとで足したりしてしまうのです。
まぁ、デビルだから仕方ないか…。



続けて色塗りー。褐色キャラは慣れてないのもありまして!難しかった!です!
褐色って言っても赤に寄せればいいのか黄色に寄せればいいのか…!
あと、ちょっと3段影も入れすぎたかなぁという感じです。時間かかった!



んで、ペン入れして、顔を描いてこんな感じ!
この後、ディフュージョンとちょい色調整(暗色を強く)して完成です。



と言う事で、いい練習にはなるのですが、
年末進行と重なると大変なこのコーナー(苦笑)。
あと3回続くので年内はコレをやってく感じになりますね…。

ただ!次の更新は…この絵コーナーはお休みをいただいて他の記事となる予定です!
ちゃんと日曜に記事ができるかは、Amazon様の配達具合による…。

ディストピアの早描き水着絵たち・シーズン2 第02回

何故水着絵なのか、それは前回のエントリで…!
と言う事で、多少の歪みは気にせず短時間で、
バリバリ練習していこうというこの早描き水着絵コーナー!第02回です。

で、今回もお恥ずかしながら、まずは下書きからー!



世間では今、筋肉ブームが来ているようなので、今回は筋肉です。
肩筋と背筋をちゃんと描くとマッチョ感が上がるような…!
で、基本的にペン入れの時に直せばいいやの精神なので、
下書き時点で多少おかしくてもこのまま進みます。
というか、おかしい部分には色塗りの時点になって、はじめて気づくことがほとんどです。



上から「水着」「髪」「肌」「リボン」「奥の髪」「やかん」みたいに、
レイヤー分けして、下書きをごく薄く表示したりしつつ、バリバリセル塗りしていきます。
相変わらず、ここが一番時間かかりますわ…。



んで、その上からペン入れして、ほぼ完成の状態です。
顔がー大幅にー変わったー(苦笑)!

…このやり方が早く出来る要因のひとつとして、
奥側の髪の毛みたいにペン入れしない部分ができるというのは発見でありました。
ロングヘアのキャラを良く描くのでこれはうまく活用していきたい…!

で、この後、ディフュージョンをかけて、
ちょっと色調整(肌が濃いぶん、普段より暗色を濃くしました)したら完成!



と言う事で、いい練習になっております、このコーナー。
もう3〜4回ぐらいやりたいと思ってますので、お付き合い下さいませませ。
来週は…土日に時間がとれなさそうなので、簡単な奴をー。

D-Arts テリー・ボガード

本当なら本日は早描きイラストをやるつもりだったのに、
コレが出てしまっては記事にせざるを得ない…。
カプコン格ゲーならザンギ使いですけども、SNK格ゲーなら断然この人!

と言う事で、本日はまさかまさか…天下のバンダイから登場!
D-Artsの「テリー・ボガード」を開封ですワー!


うおお、俺達のテリーが帰ってきたぜー!
でも、さすがに時代を感じるファッションだ(笑)!

サイズはフィギュアーツよりもやや大きく、ULTRA-ACTよりは小さい感じ。
小顔でスマートな仕上がりとなっております。
ただ、この半端なサイズ…なかなか絡めて遊べる相手がいないような…?



顔アップはこんな感じ!
んー? めちゃ悪くはないですけども、若干のっぺりした感じでしょうか。
表情は3種付属しまして、帽子から下を差し替える仕様となっております。
(帽子を脱いだ頭部は無いので、勝ちポーズのオッケイは無理という…、これまた残念!)



そして、まずはバーンナックル!弱の先っぽを当ててで削るのが好きでした。
魂STAGEを使えば浮いてる技もラクラク再現可能ですが、
もちろん別売りなので、ご注意くださいませませ。
最近のバンダイお得意のエフェクトパーツはキレイで良し!


相手が飛び込んできたら、ライジングタックル!
ゲームでもどこを当ててるのかよく分からん技だったのですが、
そんな技をこうやって立体として見れる喜び!でも、結局よく分からんという…(笑)。


牽制するなら、飛び道具のパワーウェイブ!
可動について言うなら、ULTRA-ACTが近いのですが、悪い面もチラホラ…
例えば、足首の可動がイマイチなのと(ズボンの裾が原因…!)、
上腕のロールが無い為、「腕を内側方向に倒す系のポーズ」が苦手な感じです。

とはいえ、腕に関しては外に向かうポーズの多い格闘キャラなので、
そんなに困らないかなと思いきや、
「バスターウルフ」の構えができません!このポーズで飾ろうと思ってたのにー!
まぁ、前述のとおりKOF94バージョンなので、仕方ないといえば仕方ないー!


とどめの超必殺技!パワーゲイザー!
この斜めに伸びた感じはKOFバージョンですわなぁ!
真のテリーファンなら他のバンダイ製品からエフェクトパーツを拝借&増量して、
パワーゲイザースペシャルパワーウェーブアラウンド
自分なりに表現してみるのもよいよいよい(残響音含む)



おおっと、クラックシュートを忘れていたぜ!
よくコレを出そうとして後ろへジャンプしたものです…。

とまぁ、平成も…もうすぐ25年になろうとしているのに、
何故かアクションフィギュアとして蘇ったテリーでしたが、
ちょっと残念な可動や顔の出来、サイズ的に対戦相手がなかなかいない等の不満もあるにはあるものの、
テリーのイカした必殺技を豪華なエフェクト付きで再現できる楽しさは、
僕としてはたまらない一品でありました!

ただ、このシリーズ、今後どう続くのか、まったく読めないのもまた事実。
一応、覇王丸のシルエットを匂わせたりしてますけども…。
格ゲーキャラのアクションフィギュアって超楽しいと思うので、
頑張って欲しいんですけどね…むむむ!

Category
Archive
RSS FEED

Return to page top