ゲーム | スタジオ兄弟妻3 - Part 3 スタジオ兄弟妻3 - ゲーム のアーカイブ

Home > ゲーム

ゲーム Archive

「HALO5: Guardians」只今プレイ中!

2015年度カツデミーゲーム大賞・銀賞に選ばれました!と言うか、僕が選びました(笑)。
HALOシリーズ最新作!Xbox Oneの「HALO5: Guardians」

kd2015_halo502

発売から1ヶ月ちょい経ちますけど、僕のプレイ時間も140時間を越えまして、
まだまだプレイ中でなのであります。いやー、遂に次世代のHALO登場っすよ。

で本作は分けると、「キャンペーン」「アリーナ」「ウォーゾーン」
3つのモードからなっていて、結構別ゲーです。
HALO名物シアターモードで写真や動画を撮ったので順を追って感想を書いていきますわ!





1.「キャンペーン」

kd2015_halo509
と言ったにもかかわらず、キャンペーンモードにはシアターが無いので、
↑はレジェンダリーエディション付属のロック氏フィギュアを載せております。

で、ぶっちゃけると本作のキャンペーンは4人COOPがベースになったことで、
広い場所で戦うことが増えた反面、かなり大味な仕上がりでして…。
似たような展開が続く事も多く、シングルプレイ派の方にはちょっとオススメできない感じです。

ただ、新キャラのロック氏は超クールでカッコイイですし、
後半にはHALO史上最強の萌えキャラ、イグズーベラントちゃんが降臨するので
僕はまぁいいかと言う感じであります。6に期待!





2.「アリーナ」

さて、アリーナはHALO名物の4vs4を基本とした
いつもの対戦モードです。おそらく…こちらはシリーズ最高傑作
ちょっと、僕が好調な時の動画を編集しておりまして、こんな感じ!です!



プレイ感は過去作にちょっと戻りまして、全員がアサルトライフル持ちでスタートして
いかに武器を拾うかがポイントとなっております。より競技性が高まった印象ですわな!


kd2015_halo503

↑は新アクションのタックル攻撃「スパルタンチャージ」!
背後から当てると即死ですが、正面から体力フルの相手に向かうと自殺行為だったり…。
他にも5になって、スプリント(走り)が標準装備になった事で
よりスピード感溢れる戦いになりましたわー!


kd2015_halo504

あぶなーい!後ろに赤い人が!立体的なマップと個性的な武装はHALOならでは!ですな!
本作の武器バランスはかなり良好で、キルストリーク的な要素も一切無し!
そう、どこまでも、ガチな戦いが繰り広げられる…それがHALO5のアリーナ!


kd2015_halo505

ロケットランチャーvsロケットランチャーのバトル!
一見カッコイイシーンのようで、この後、2人ともチュドーンってな感じで爆死するわけで、
真面目にやってるのに、なんだか笑えてくるのもHALOの醍醐味だったり…。





3.「ウォーゾーン」

ビッグチームバトルより更に大規模な12vs12の戦い!
それがHALO5の新モード、ウォーゾーン!こちらも動画を撮っております。



細かい説明は割愛ですが、BFシリーズみたいに拠点があって、
敵のプレイヤーを倒して普通にポイントを獲得するのに加え、
両軍の間に割って入ってくるコヴナントやプロメシアンのAIボスを倒すと、
プレイヤーを倒す以上の大幅高得点が入る
というのが大雑把なルールです。
(動画の中盤で味方がスパルタンレーザーで倒してるのが、本作で最も高得点なボスです。)

んで、ビークルや銃火器等の便利アイテムは、
使い捨てカードとして手持ちにストックされておりまして、
戦闘中に使うと自分専用に供給されるという仕組みになっております。


Titanfallのカードシステムとタイタン召喚を合体させた感じでしょうか。
味方と取り合いになることが無いので、良いシステム!ですわー!


kd2015_halo506

12vs12は他のゲームに比べると少なく聞こえますけど、
その気になれば12台の戦車を召喚できるスパルタン軍団同士の戦いなわけで、
戦闘は毎回かなり激しい印象!チーム間の実力差がありすぎると簡単に押し切られるものの、
動画のように高得点ボス撃破からの大逆転もあったりするので、
なかなか中毒性の高いモードだと思います。と言うか、僕はどっぷりです。


kd2015_halo507

こちらは新アクション!アイアンマン的な感じで空中から床パンチをかます「落下攻撃」!
直撃すれば即死ですけど、そうそう直撃はしません!でも、ウォーゾーンの場合、
ありえないほど高い場所から打てるので、不意打ちにはなるような。ならないような…。


…さて、そんな最高なマルチプレーですけども、アリーナ、ウォーゾーン共通の難点として、
「時間帯とモードによって、他のプレイヤーとマッチングしなくなる」というのが挙げられると思います。
おそらく回線の遠い地域の人のマッチング優先度が下がるような
仕組みが働いているのか(英語圏の人もたまにいるので隔離ではない)、
アジア圏の人が激減する深夜の3時とか朝とかは、
アリーナ最少人数の8人が揃わないことで全然マッチしなくなります。

うーむ、ド深夜に遊びたくなることもあるのに…。
過去作ではこんな事は無かったので、なんとかしてほしいところですわーもう。


kd2015_halo508

という事で、HALO5特集として、つらつらと書いてきましたけども、
キャンペーンのイマイチさやマッチングの不備もありつつ、
個人的にマルチプレーの面白さは、あのTitanfall越えという感じでありまして、
僕は発売からほぼ毎晩熱中している感じです!
この面白さ!さすがHALO!さすがカツデミー大賞銀賞受賞作品(苦笑)!

まだまだ遊んで行きたいと思いますわー。
…そして、また素材が集まったらここで特集することも、あるかも…しれません。

カツデミーゲーム大賞2015!

年末恒例!今年もやります!1年のカツキ洋介的ベストゲームを決める!
「カツデミーゲーム大賞2015」

選考対象は、僕が2015年に実際にちゃんとクリアしたorちゃんとやりこんだ作品で、
2015年発売でないゲームも含まれております。
ちなみに去年はこんな具合でした!

…んで、今年はちょっと変則ランキングになってまして、
金銀銅賞の前に、「あまりオススメできないが、僕は好きなゲーム」であるところの
カツデミー特別賞から行きたいと思います!


カツデミー特別賞:WiiU「ゼノブレイドクロス」

kd2015_xenox02
プレイ時間:130時間

ローディング無しで街からダンジョンまで、ほぼ繋がってるフィールドに驚き、
その辺を歩く巨大敵に驚き、カッチョイイロボにも乗れる!
今まで見たこと無いような本格的な惑星開拓RPG!ゼノブレイドクロスが特別賞でございます!

何と言いますか、本作は良い点が書ききれないぐらいあるゲームでして、
キャラや世界観の魅力といい、SFならではの意表をついたストーリーといい、
2015年で一番衝撃的なゲームだったんじゃないかなと思います。

kd2015_xenox01

…が!最後までプレイした方は誰もがエンディングで「んー?」と思ったのではないでしょうか。
他にも、後半に行くほどストーリーもゲーム性もザックリ気味で、
良い点と同時に悪い点も山程ある1本だとも思います。なので、特別賞!
設定資料集の最後の方を見るに…、で、出ますよね…続編???





カツデミー銅賞:3DS「ファイアーエムブレムif」

kd2015_feif01
プレイ時間:188時間

おそらく本年度のプレイ時間ナンバーワン!
暗夜(ハード)→透魔(ハード)→白夜(ルナティック)の順でクリアしたんですが、
ホントに3本分のボリュームなんですね…!FEifが銅賞です!

本作の印象は、超優良なシミュレーションRPGという感じでして、
まずクラスごとの戦略やダメージ計算式がFE覚醒から更によく出来ている!
そんなよく出来たシステムの上に、キャラクターの魅力が大爆発という感じでして、
白夜も暗夜も男も女も良い人ばかり!忍者も3人いる!ヤバイ!

kd2015_feif02
↑中二病のオーディンさんには笑わせてもらいました。
歌姫アクアさんの力が伸びる感じもよかった…!

また、ルートと難易度によって、どんな人にも楽しめる柔軟さがあるのも高評価ですわ。
個人的には暗夜(ハード)の、敵にスキル持ちが山ほどいる感じが、脳トレになって良かったなぁ、と…!
ストーリーがちょっとベタで強引なのが難点ですけども、
そこはキン肉マン的にツッコミを入れつつ楽しむのが良いと思います(笑)。





カツデミー銀賞:XboxOne「HALO5: Guardians」

kd2015_halo501
プレイ時間:141時間(うち110時間がマルチプレー)

只今プレイ中!HALO5が銀賞ですわ!
4より悪くなった感もあるシングルプレーと、過去最高傑作かもしれないマルチプレーと、
かなりクセのあるマッチングを備えた、なんともムラのあるHALO最新作…!
んで、出たばっかりの本作は素材がいっぱいある事もあり、
やっぱ単独記事をやろうと思っております。詳しくはその時にー!


そして、本年度のナンバー1候補だったHALO5がここで出ちゃったということで
果たして、金賞はどのゲームなのかと言いますとー!





カツデミー金賞:Xbox One「Sunset Overdrive」

kd2015_ssod01
プレイ時間:47時間

去年末のタイトルですけど、やったのは今年!という事で、
今年のカツキ的ナンバー1面白ゲームは!サンセットオーバードライブ!です!

本作は、異形のモンスター「OD」によって壊滅状態となった街を舞台に主人公が暴れまくる、
オープンワールドアクション!という、まぁ、最近よくあるセインツロウ的なやりたい放題ゲーな訳ですけど、
長いこと積みゲー化していたのは、面白さがよく分からなかったからでして…。

まず、プレイヤーには通常のダッシュが無く、レール的な物を活用しないと加速できない!
更に、そのレールも複雑に配置されてる上、敵が無限湧きで邪魔してくるので、思うように進めない…!
…とは言え、死んでも特にペナルティは無い…!

と言う、うまく進めないけど死のリスクも無しという本作の異様なゲーム性に、
プレイ開始から5時間頃の僕はガッツリやる気を削がれて、積みゲーしてしまったのを覚えております。

が、何かの拍子でプレイを再開して、しばらく続けていると、段々とレールを活用できるようになり、
そこでようやく、「このゲームは、複雑な街の地形を利用して、
敵から逃げるor有利に戦うゲームなんだ!」
と気付いたのです。

kd2015_ssod02

そして、そこに気づいてからの本作の、まぁ面白いこと!

抜けるような青空!パステルカラーで彩られた街並み!
クレイジーな爆発武器!ド派手に飛び散るODのオレンジ色の体液!
そんなビビッドな世界をハイスピードで駆け抜ける!

とまぁ、実績解除ついでに動画を撮ってましたので、コチラを見ていただけると、
縦横無尽さとプレイヤーの火力がご確認いただけると思いますわ、



(ちなみに、↑は近接攻撃で5体倒せ、みたいなお題を
どんどん達成していくチャレンジとなっております。)

そして、本作のスゴイところといえば、結構複雑な地形のオープンワールドに
大量の敵が湧いて、プレイヤーも弾を撒き散らす訳ですけど、
エリア切り替えの読み込みも処理落ちも無し!更に、8人マルチプレーにおいても、
常に動作はスムーズかつノンストップ!
個人的に…ようやく次世代ゲームきたか!と感じましたわ…。

kd2015_ssod04

あと、本作で良く言われるのが、メタ的なパロディがいっぱいあるよ。
ということなんですが、それは確かにあるんですけど、
僕が全編通して思ったのは
「これを作った人たちは、テレビゲームが好きなんだな!」と言う事と、
「これを作った人たちは、おバカなんだな(良い意味で)!」と言う事でした。

kd2015_ssod03

主人公を含め、ODと戦う人間側の登場人物たちは、
ダメダメでかなりアレな人達ばかりなのですが、彼等の懸命さには心を打たれましたし、
何よりもこの主人公、「テレビゲームの主人公ってのは、こうだよ!」というのを、
まっすぐに体現するキャラクターだったと思います(頭は悪かったですが!)。
続編があるなら、彼の次の戦いを見てみたいっすわーもう!

という事で、ゲーム性、技術力、テーマと3拍子揃った上に、
エナジードリンクの飲み過ぎはヤバイというメッセージ性も加味しまして、
サンセットオーバードライブが2015年のナンバー1でした!
ベリーナイス!インソムニアックゲームズ!


…さて、2015年ですけども、
我が家では、久々にXboxが熱い1年でありましたわ。
現状、据え置き機はしばらくこの路線なんでしょうけど、
携帯機の変革はそろそろ何かありそうな状況ですね。一体どうなるのか…。
といった所で、ゲーム神よ!2016年も良いゲームを!頼みますですワーッ!

…まとめた所で、次回エントリ「HALO5特集」へ続きます。

カツデミーゲーム大賞2014!

年末恒例!今年もやってまいりました!カツキ洋介責任編集でお送りいたします、
今年1年のカツキ的ベストゲームを決める!「カツデミーゲーム大賞2014」

選考対象は、僕が2014年に実際にちゃんとクリアしたorちゃんとやりこんだ作品で、
2014年発売でないゲームも含まれております。
ちなみに去年はこんな具合でした!

…さて、今年はXbox Oneが出たりはしたものの
僕個人がまぁー忙しくて、ゲームする時間が半分ぐらいになってしまいまして、
トータルのプレイ本数は少なくなってしまいました。んー、まぁ、仕方ない!

そんな中で個人的な感想としましては、まず「洋ゲーの大作があまり出ない年だったな」という印象!
よって洋ゲー主体のPCやXboxはやや手薄になり、その穴を埋める形で
WiiUと3DSが大活躍の一年だったと思います。
特にWiiUはマリオカート8が出たあたりからのソフトラッシュと、
僕の中に突然やってきたゼルダの伝説ブームにより、非常ーに熱かった1年でしたわ!

あと、なんか今年は致命的なバグに悩まされるソフトや、
難易度調整がおかしなソフトも結構ありまして、そういう意味でも、
任天堂ゲーの真面目さ、堅実さが際立っていた一年だったかなぁと思いました。


ということで!色々ありましたけども、2014年の我が家のゲーム事情におきまして、
今年の死闘を制した3タイトルは!こちらでーございまーすー!
あ、今回からXboxOneとPCは自分のプレイ動画を掲載してます。
ゲーム動画を撮るのも気軽になったものですね…。




カツデミー銅賞:Xbox One「Forza Horizon2」


プレイ時間:35時間

現状のXbox Oneの発売済みラインナップの中では本作がイチ押し!Forzaシリーズ最新作が銅賞ですわ!
…その昔、すごいハマったTest Drive Unlimitedと言うオープンワールドレースゲームがありまして、
その続編のTDU2がイマイチだった今、あぁ、TDUみたいなゲームもう出ないのかなと
ずーっと思っていたところに、ようやく現れたのがこの「Forza Horizon」で、本作はその「2」!

forzahorizon2_01

僕としましてはForzaシリーズはいろんな車をMTで操作してるだけでも楽しいのですけども、
本作は、ラジオを聞きながらオープンワールドを適当に走っても良し!風景写真を撮っても良し!
車のデザインを作成するのも、購入するのも良し!タイヤに空気入れまくって危険運転をしても良し!
好きな車で好きなレースに参加して良し!もちろんオンライン対戦をしても良し!

更に舗装道から、石畳の街、砂利道、草原!山!と路面も様々で昼夜も天候も変わる!
と、Forza本来の楽しさに自由度と箱庭的面白さが加わった
いたれりつくせりのオープンワールドレースゲームとなっております。
ランボルギーニで畑の真ん中を突っ切ってOKなゲームなんてなかなか無いですわな(笑)!

forzahorizon2_02

あと、Xbox Oneになったことでグラフィック的な恩恵があるのはもちろんですが、
クラウド的なテクノロジーにより、自分のオープンワールドに
他のプレイヤーのアバターが常時走っている
感じとか、なかなか次世代を感じる1本だと思いました。
すげぇクオリティの痛車やおもしろデザインカーが不意にオープンワールドで走っている事もあるので、
その車種を覚えておいて(カメラで撮ると車種が出ます)、
ショップ経由で同じデザインの車が買えたりするのも楽しかったり!




カツデミー銀賞:WiiU「大乱闘スマッシュブラザーズ for WiiU」

smabura_wiiu_01
プレイ時間:40時間

12月発売ですが、今まで散々待たされただけはある完成度!
現在進行形でプレイ中のスマブラがカツデミー銀賞!です!

3DS版も買いましたけど、あちらはあちらで携帯ゲーム的な気軽さに特化しているものの、
作りこまれたキャラの動きや対戦の駆け引きが楽しめるのは、やはりWiiU版かなぁ、と!
過去にゲームキューブでやってたので、GCコントローラーの復刻&対応もうれしいー!

smabura_wiiu_02

個人的な意見ですが、格ゲー等の対戦ゲームは高度で複雑な方が、やりがいがあって面白いと思うものの、
それに伴って間口は狭くなるし、本気になりすぎて疲れるのもまた事実…。
ところが、スマブラはどうとでも遊べる!
ガチ対戦もできれば、ほぼ運ゲーみたいな遊び方もできる!
なんだったら勝敗なんて気にせずに、キビキビ動いてくれるキャラクターを操作するだけでも楽しい!
そんな1本に仕上がっていると思います。

smabura_wiiu_03

更にこのゲーム…少し触ると分かるのですが、執念を感じるほどの作り込みでありまして、
いわゆるコンパチキャラでも細かな差や原作再現要素を盛り込んでキャラを立たせているし、
対戦バランスやアイテムの強さも考え過ぎなぐらい考えられていると思います。
コレクション要素やサウンドトラックに関してはやりすぎなぐらいー!

まぁ、難を言うなら、ここまで作り込み過ぎる前にもっと早く出してくれれば良かったのになぁ、と(苦笑)。
そんな事を思ったりもしましたが、ゲーム内容に関してはお見事!のカツデミー銀賞でありました!
多分…正月はコレばっかやってると思います。おのれヨッシー!




カツデミー金賞:PC「TITANFALL」


プレイ時間:150時間

ヒュー、やっぱり!何と言っても!今年のFPSと言えばコレしかないっすわー!
巨大ロボと歩兵が織りなす対戦FPS「TITANFALL」が堂々のカツデミー金賞!
PCとXboxOne版を持ってますが、僕がやりこんだのはPC版なので、こちらで受賞!

さて、個人的に…FPSといえば対戦!という人なのですけど、
とにかくここ数年、グッとくるような対戦モノの新規タイトルは出てこなかった印象で…。
そこへ来て、このTITANFALLの登場はインパクト抜群!

titanfall_01

本作の特徴は何と言っても、歩兵でのスプリント、2段ジャンプ、壁走りを駆使したドライブ感!と、
自分専用として調達される巨大ロボ「タイタン」搭乗時の圧倒的なダイナミック感!
そして、その2つの要素が戦場でリアルタイムで交差する面白さでありまして!

タイタンは踏むなり射撃の大火力なりで歩兵を蹂躙できる訳ですが、
たとえ歩兵であっても、一度タイタンに取り付いてしまえば、
一方的にタイタンの内部メカに攻撃、破壊できてしまう!
このシンプルな駆け引きが、戦場の地形や味方の配置によって、
臨機応変に変わる感じが、非常ーにアツい!

タイタンvsタイタンで圧倒していてもそこに歩兵が同時攻撃してきた場合の怖さや、
味方のタイタンに取り付いた歩兵を、狙撃で引き剥がした時の痛快さ等々、
格差があるからこそのドラマティックな対戦は本作ならではの面白さだと思います。

そして、これだけ思い切った要素を入れつつゲームバランスは大変良好で、
どの武器もタイタンも使えば使うほど面白く、プレイヤーの動作も快適そのもの。

更に!ロボットアニメの世界に入ったかのようなSFマインド溢れるビジュアルと、
機械化された未来戦争にリアリティを付加するストーリーや設定の数々もグレート!

titanfall_02

ただ、惜しむらくは…本作はストーリーモードであっても対人戦をしながら進んでいく、
いわば「対人戦強制」なゲームでして、あまりカジュアルな感じでは遊べない、
という欠点があるもの事実でして…。

更に、容赦なく上級者と当たるイマイチなマッチングと、
運では勝てない実力主義のゲーム性が相まって、ある程度FPS経験がないと楽しむどころではない、
と言う意見も、かなりあるように見受けられます。
(実際、そのシビアさゆえに本作のプレイ人口は多くなく、今からプレイするのはややオススメできません。)
この辺は「対戦FPS」が次のゲーム性へと向かう課題なのかもしれませんな。

titanfall_03

まぁ、なにはともあれ!
本作こそが、なんだか停滞気味であった対戦FPS界に、
久々の新風を吹き込んでくれた1本だったのは間違いないと思います!
なので、対戦大好きカツキさん的に金賞!です!早く2を出してくれないもんかー!




と言う事で、以上でございました!
…今年はなんとなく「動かして楽しい」ゲームが高評価になった気がしますわな。
やっぱゲームの中ぐらい、ビシッとバシッと駆けまわりたいですもんー(笑)。

で、ここからは惜しくも選外!
発売時期が悪くてやりこめなかったので選外ですけど、来年入賞かも…「ベヨネッタ2」!
どの作品も本当に面白かった、無双も良かった「ゼルダの伝説シリーズ」!
今頃、地味に完全クリアした(笑)、「魂斗羅DualSpirits」!
と、こんなところでしょうか。

ゼルダは入賞こそしていませんが、「神トラ2」で再燃して、
「時オカ3D」→「風タクHD」→「トワプリ」→「無双」の順でプレイして、
本当にどのタイトルも思い出いっぱいでありました。重ねて言いますが無双もすごく良いゲームです!
まだ未プレイの「スカイウォードソード」もあるので、しばらくブームは続く予感…!


あと、毎年恒例、特別賞として紹介しております、
「あまりオススメできないが、僕は好きなゲーム」ですが…。
今年はプレイ本数自体が少なかったので…残念ながら該当作品無し!です!

強いて言うならXbox Oneの「Killer Instinct」なのですが…
まだまだ全然やりこめていないー、ので、今回は特別賞見送りと言う事で…。


とまぁ、本年もいろいろ楽しませてもらいました!
んー、ゲームの神様!2015年も良いゲームを!頼みますですワーッ!
あ、今ベータやってますけど、HALO5を!早くやらせてください!早く!グワーッ!


<という事で、2014年はここまで!>
今年はホントに忙しかったので、絵が上がらないわゲームできないわで、
このサイトも放置気味な一年でありました。
来年はもう少しペースあげたいような…まだ忙しいような…。

とりあえず、2015年は「ディストピアの花嫁たち case.27」から行こうと思ってはおりますので、
新年あけてからも、もう少しお待ちくださいませませー!ではでは!

カツデミーゲーム大賞2013・特別賞!

さて、前回の2013年度カツデミー銅賞・銀賞・金賞に引き続きまして、今年もやってまいりました、
「オススメはできないけども、個人的に好きなゲーム」という事で、特別賞!です。
ホントは金賞のホットラインマイアミがこの枠に入りそうだったんですが、
アチラは人に勧めると意外とウケが良かったので、更に人を選ぶ感じのコチラが特別賞!



カツデミー特別賞:PC「The Binding of Isaac」

gok2013_bindingofisaac_01

プレイ時間:40時間

年末にめっちゃやってたのは、ここに特別賞として書きたかったからなのでした。
で、このゲーム、ザ・バインディングオブアイザックは
…2011年の作品なのですが、カレー食べた後に初回起動したら、開幕即ウ○コの洗礼を受けて、
1年はプレイできなかったと言う悲劇が(笑)。
で、最近ようやくプレイできるぐらい、心の整理がついたという…。

gok2013_bindingofisaac_02

平和に暮らしていたアイザックくんとお母さん。
だが、お母さんが「息子を信仰のために殺しなさい」という、
神の啓示を受けてしまったから、さぁ大変。
自分を殺そうとするお母さんから逃れて、
アイザックくんは家の地下に飛び込んだのですけど…。
そこは化け物達が蠢く迷宮で…。

というのが、ゲームのあらすじです。
シビアですね(苦笑)。

gok2013_bindingofisaac_05

でも大丈夫、画面は大変コミカルなタッチでディフォルメされていま…
って………大丈夫じゃねぇー。ディフォルメ感が絶妙で、すばらしくキモイ!

で、ゲームシステムとしてはランダム生成されるダンジョンを
初代ゼルダの伝説的な感じで1部屋1部屋攻略していくもので、
アイザックくんの基本武器が「涙を球状にして飛ばす」飛び道具なので
シューティング要素が高いのが特徴です。

gok2013_bindingofisaac_03

迷宮には様々なアイテムが転がっていて、その数は膨大!
涙が3WAYになったりホーミングしたりレーザーになったり、オプションが付いたりするのですが、
アイテムの効果は取ってみるまで分かりません!
(たとえば「木のスプーン」で移動速度がアップします。脈絡がねぇよ!)

更にこのゲーム、死んでしまった場合、取得アイテムはすべてゼロに戻ります!
ここが本作のミソでして、毎回落ちているアイテムがランダムなため、
アイザックくんの進化過程も全くのランダム!敵もランダム!
よって、毎回ゲームの攻略が全然安定しません。これが面白い!

gok2013_bindingofisaac_04

しかも、この「運」の調整が神がかっていて、1割ぐらいで完全無欠の強キャラ、
更に1割ぐらいで何をやってもダメなキャラ、
残りの8割は長所と短所が合わさったキャラになる感じで…。

毎回違う長所・短所を持つキャラを使いこなすのも面白いし、
せっかく強力アイテム引いたと思ったら不意打ちで死んじゃった!とか、
これダメキャラなんじゃ…と思ったら、アイテムが累積することで面白い特性を発揮したりと、
「運要素」によるブレが見事に面白さに昇華された作品となっております。

gok2013_bindingofisaac_06

さて、少し前にキモイキモイ言ってしまいましたが、
プレイしていると本作のセンスやテーマが、
いかにずば抜けているかに気付かされます。

家の地下で襲ってくるのは、ハエや死体ばかりかと思えば、
7つの大罪や黙示録の四騎士の名を冠した謎の強敵たちが立ちふさがり、
え?地下に行ってたんじゃないの?という展開や、
今のエンディング何?ふざけてんの?と言う事も起こりまして、
それら全てのビジュアルが頭が下がるほどよく出来ています。

あと、緑のキノコで1UPみたいな、他のゲームのパロディも
いっぱいあったりして、ユーモアも満点!やるな!

gok2013_bindingofisaac_07

残念ながら言語は英語ですけども、
1行ほどのアイテムの説明が読めればいいので、英語力は高校生程度で十分!

考察しがいがある世界観!オリジナリティ溢れるキャラクター!
中毒性とアクション感を両立したゲーム性!
更に、定価が5ドル!セールの時は1.5ドル!

独特なセンスに馴染めれば、非の打ち所が無い1本です。まさに特別賞!
DLCを入れると難易度がバカ上がりするので、
真エンディングまではDLC無しがオススメですわ。

結局、僕は全キャラで真ボス撃破までいきましたが、
更なる世界の謎に挑むべく、今からDLCに挑戦するところであります。
まだまだやりこんでやるぜー!…ウ○コにも慣れた(苦笑)!



<という事で、今年も終了です!>
なんか最後にすごい長文を打ってしまったので、
来年のことは、来年に書こうと思いますわ…。
それでは、新年の更新でお会いしましょうー!絵出来るかなー。

Category
Archive
RSS FEED

Return to page top